Skip to main content

「~の未来は、」というフレーズは、組織や専門家がパンデミックの間に学んだことや、こうした学習が将来の活動を促進する方法について考える場合によく使われます。

教育も例外ではありません。幼稚園から高校に至るオンライン学習がパンデミック期間に主流になると、管理者、講師、学生、保護者、その他全員がオンライン学習の将来について考え始めました。2021年の幼稚園から高校までのバーチャル学習はどうなるのでしょうか。この秋の授業再開時には、どのような様子になっているのでしょうか。

ワクチン接種と新型コロナウイルス感染者の減少により、2021年度には教室での対面式学習がより推進される可能性がありますが、何らかの形でバーチャル学習やオンライン学習が引き続き実施されると考えられます。この問題や、幼稚園から高校までのオンライン学習の将来像について、講師、管理者、および教育専門家の見解を伺いました。

幼稚園から高校までのバーチャル学習のベストプラクティス

Margaret Choi氏は、8歳から18歳までの生徒を対象に、パンデミック発生の5年以上前からオンラインのみで指導してきたCodeWizardsHQの教師です。Choi氏は、「オンライン学習はまだ緊急事態モードにあります」と言います。彼女は、対面式で教えることと、オンラインでの指導は同じことではないため、簡単に切り替えられるものではないと言います。また、「小売業者が顧客にアプローチするための方法を再考し、再構築しなければならなかったのと同じように、教師はデジタル環境で学生との双方向のやり取りを試みる上での戦略を練り直す必要があります」と述べています。秋以降に向けて、Choi氏は以下の内容を推奨しています。 

  • クラス規模の再構成
  • カリキュラムの再設計
  • 人材能力開発の再検討
  • オンライン学習ツールの再構築
  • 教室外学習(BCL)の提供

Lee Wilson氏は、オンライン教室プラットフォームであるVEDAMOのコンサルタントであり、Ed-Tech業界の専門家です。Wilson氏は、「現在、多くの学校で、従来の教室からデジタル教室への切り替えがうまくいくだろうと考えられています。学校職員のエコシステムのすべてのレベルにおいて、従業員は必要なときにリモートでの指導を続けるための技術的な研修を受講して経験を積んでおり、ほとんどの学生はリモート接続に必要な機器を所有しています。学校は緊急対応モードをすでに終了し、パンデミック時に学んだことに基づいて、幼稚園から高校に至るバーチャル学習を考慮したアプローチの作成を始めています。

秋を前に、教育関係者は過去数学期で学んだことを活用し、教室とバーチャル教室の両方にベストプラクティスを適用する機会があると予想しています。もはや、「オンライン学習とは何か」を問う必要はありません。オンライン授業は一般的になり、専門家は2022年以降も存続する可能性が高いと考えています。

K-12(幼稚園から高校)におけるオンライン学習と人材育成の未来

教育専門家の視点から見た最大のポイントは何ですか?「ニューノーマル」はすべてが異なります。

Wilson氏は、「VEDAMOチームでは毎日、幼稚園から高校の学区リーダーや管理者たちと話し合いを行っています。話し合いを続ける中で、2021年以降も、多くの学生をオンラインで指導する必要があるという声が寄せられています」と語ります。Wilson氏の言葉を借りれば、バーチャル学習が一般的に受け入れられていなかった新型コロナウイルス感染拡大前の状況とは180度の転換であるということです。

国際的な家庭教師サービス会社であるLA Tutorsの共同経営者兼プログラムディレクターであるEric Kim氏は、多くの家庭が対面学習に戻ることを希望する一方で、何らかの形でオンライン学習は今後も続くと考えていると述べています。

教育スケジュール自動管理ソフトウェアサービスであるEdficiencyのアウトリーチ兼運用担当部長であるJames Bacon氏は、教師、学区管理者、学校コンサルタント、およびコーチを務め、学生数500人の地区(Tensas Parish Schools)から約15万人の学生を管轄する学区(Charlotte Mecklenberg Schools)まで幅広い学区を担当した経験があります。彼も、オンライン学習やオンライン教室が、何らかの形で維持されると考えています。

Bacon氏は、「秋にはほとんどの学校が対面授業に戻る予定ですが、学生の家族の中には、学生が自分のペースで学べる選択肢がある柔軟な対応を歓迎する方もいるため、多くの学区では、学生のために何らかのオンラインオプションの提供を継続せざるを得ないと思います。学生や学費収入を失わないようにするために、各学年に複数の学校がある大規模学区では、教師、プラットフォーム、およびシステムからのスケールメリットを得る目的で、一括管理されるプログラムを通したオンラインオプションが用意されることになると思います。こうした大規模学区の先生は、対面授業を受ける学生とオンライン学習を行う学生の両方をサポートしなくて済むことが理想です」と説明します。彼は、すでに興味深いオンライン学習モデルの出現を目の当たりにしています。例:

ソルトレイクシティ地域に学校の中には、先生から要請されるか自ら選択しない限り、学生が学校に登校する必要のない「フレックスフライデー」を実施しています。1、2時限だけ登校し、残りの時間は帰宅して、自宅でオンライン学習を行うことも可能です。

現在、ジョージア州の別の学校からClassに問い合わせがあり、生徒の3分の1がキャンパスでSTEMキャリアパスに沿ったハンズオン形式で学習内容を選択できるタイプの学習を行い、残りの3分の2は毎週金曜日に自宅においてオンラインで学習に取り組むようなスケジュールのサポートを検討しています。

「こうしたモデルは、徐々に人気が高まると思います。一部の学校では、成功例が出てきていて、通常のスケジュールに部分的にオンラインオプションを創造的かつ意図的に組み込むことで、どのような効果が生まれるのかを他の学校にも示すことができるようになってきました」とBacon氏は言います。

K-12のオンライン教室の活用とメリット

EdWeekでは、最近、K-12のバーチャル学習が将来どのようになるか理解を深めるために、学校の指導者や教育専門家にアンケートを実施しました。まだ多くのことが「流動的」である一方で、いくつかの共通したテーマが浮かび上がってきました。例:「70%近くの学区で、来年度、リモートオプションを「より幅広く」提供することが計画されています。」EdTechは、「2020年秋のRANDによる学区リーダーの調査で、5校に1校がオンライン授業をすでに導入しているか、またはパンデミック後に導入する予定である」と報告しています。 

州政府もこれに関与しています。たとえば、ネバダ州では、「Globally Prepared Nevadaの取り組みのためのブルーリボン委員会に触発された法案で、すべての学区にオンライン教育の実施を計画し、学生がテクノロジーにアクセスできるようにすることが義務づけられることになる」とthe Las Vegas Sunが明らかにしています。

つまり、オンライン学習は、パンデミックの「収束」が判断された後も、何らかの形であらゆるレベルの教育現場で残り続ける可能性が高いのです。

Kim氏は「教師も学生も、オンライン学習には大きなメリットがあることに気づいており、特に民間企業では、多くの家庭や学生がこの方法を好んでいることを把握しています。最も重要なのは、家庭も学校も、リモート学習の利便性とそれがもたらす多くのメリットを理解するようになったことです」と述べています。