Skip to main content

Class for Teamsが登場

次世代のバーチャル教室が、ついにMicrosoft Teamsに登場

Class for Teamsのデモを入手する

最先端のバーチャル教室ソリューションであるClassが、Microsoft Teamsで利用できるようになりました。信頼の厚いTeamsのビデオ会議プラットフォームの拡張性を継承し、さらにそれを進化させたClassは、バーチャル学習体験を一変させる独自のツールや分析ツールのセットを備えています。

学習者のエンゲージメントを向上

インタラクティブな画面共有、共同作業を容易にするセッション、バーチャルホワイトボードを用い、ダイナミックな学習体験を、各個人に合わせてオンラインで提供することにより、学習者の参加意欲を高めます。

共同作業の成功をサポート

アイデアの共有や効果的な共同作業に必要なツールの提供に加え、ブレイクアウトルームや統合の拡張により、共有ドキュメントでの共同作業を可能にしました。

gear with check mark icon

コースの準備と実施を効率化

コーステンプレートや、名簿、コンテンツ、成績などを同期する学習管理システム(LMS)とのリアルタイム統合により、セッションの準備や学習者の名簿作成といった管理作業の時間を短縮することができます。

分析と自動化ツールを活用

対話型の録画機能によってバーチャル機能の範囲がさらに広がり、データダッシュボードでは、セッションへのエンゲージメントや発言量など、自動化された主な指標を報告し、各有効性をわかりやすく示します。

Class for Microsoft Teams

共同作業モード

積極的な学習と参加を促進

画面を共有するだけでなく、学習者が共有ファイルやドキュメント上で、実際に共同作業を行うことができます。参加者は、Class for Teamsの画面を離れることなく、共同作業の機能を使って、ホワイトボードなどの共有のインタラクティブコンテンツをリアルタイムで編集できます。

学習ツール

パワフルで魅力的なバーチャルセッションの実現

学習者が授業に集中できるように、Webサイトやファイル、動画などを1か所にまとめました。講師は学習ツールを使って小テストや試験を実施できるほか、多数決を取ったり、各自の学習管理システム(LMS)などからコンテンツを引用したりすることができます。

強化されたブレイクアウトルーム

学習者同士の効果的な学習の機会を提供

学習者数人または講師と学習者で小グループを作り、トピックに合った形式で積極的な参加を促します。強化されたブレイクアウトルームでは、ブレイクルームごとにコンテンツや評価方法を変えることができます。

コースの分析

分析ツールを活用して指導効果を改善

リアルタイムの指標やセッション分析により、発言量、発言時間、出欠席などを追跡し、レポートとして利用することができます。さらに、データダッシュボードでは、講師がコースの有効性を測定してレポートにまとめることができ、指導成果の改善に役立ちます。

よくある質問

Class for Teamsについての詳細の入手やデモへの申し込みはどこでできますか。

ご質問やご意見をお寄せください。Class for Teamsのデモを入手するには、下記のフォームからお申し込みください。

ClassがMicrosoftと連携してClass for Teamsを開発した理由

MicrosoftとClassが連携し、次世代のバーチャル教室、Class for Teamsを開発しました。Class for Teamsは、Microsoft Teamsの音声とビデオ機能を活用した、指導向けのツールです。

Class for Teamsのリリースにより、すでにTeamsを利用している多くの組織がClassを導入し、その利用者が増えることで、世界の多くの人々に優れた指導と学習の場が広がります。

Class for TeamsとClass for Zoomの違いは何ですか。

Classは、2020年の終わりにリリースされましたが、その利用はZoomに限定されていました。Class for Teamsは、お客様から定評をいただいている多数のClassの機能を維持し、これまでと同様のエクスペリエンスをMicrosoft Teamsでも実現します。 

Classは、今後ZoomとTeamsの両方をサポートします。

デモを申し込む