Skip to main content
Category

リーダーシップ

リーダーシップ企業研修

同期型/非同期型の研修:それぞれの意義を高めるタイミングと理由

これまでは、多くの従業員研修が非同期型、あるいは「オンデマンド」で行われていました。従業員は、自分の好きな時間にログインして研修を受けることができ、個人の好みやスケジュールの違いに対応することが可能でした。しかし、パンデミックの到来や、リモートワークおよびハイブリッドワークへの移行に伴い、従業員がオンラインミーティングに抵抗がなくなった現在、研修セッションも同期して行われるようになっています。 今日の研修環境は、どちらか一方に限られません。同期型/非同期型のどちらにも存在意義があり、従業員のオンライン研修や従業員エンゲージメントにおける特有のメリットとデメリットがあります。 同期型/非同期型研修の用語 Richard Kordel博士は、ペンシルバニア州ハリスバーグにあるHarrisburg University of Science and Technologyの学習技術およびメディアシステムの修士プログラムリーダーを努めています。Kordel博士によると、歴史的に、従業員のオンライン研修やオンライン学習に関する用語の使用にはかなりのばらつきがあるそうです。また、時代とともに用語も変化しています。 また、Kordel博士は、「私が覚えている限り、企業全体で最初に区別されたのは、『リーダー主導』と当時CBT(コンピューターベーストレーニング)と呼ばれていたものでした。これら2種類の研修は、私が称した『旧来の』区分に基づいて区別されたもの」と説明します。安全なはしごの使い方やネットワーク機能についてなど時間のかからない研修はコンピューターベースのトレーニングのメリットをすべて活用できるため、CBTに変換できました。配信のスケールメリット、教材の標準的な表現、効果検証済みの評価などのすべてが判断材料となりました。 しかし、Kordel博士は、時が経つにつれ、CBTとリーダー主導の従業員研修の単純な区分は、安価なテクノロジーの普及によってより多面的になってきたと話します。 そのため、従業員のオンライン研修に関連して、同期型/非同期型という2つの広義の用語が登場しました。同期型の研修は、講師によってリアルタイムで行われる学習で、学習者同士の関与が可能です。非同期型の研修は、参加者や講師が同時に参加する必要がない環境で行われます。今日では、ほとんどの従業員研修は、デジタル環境でClassなどのツールを使用し、同期型と非同期型の両方で情報を共有できることがメリットです。 教育および教育設計の分野で長年使われているモデルは、Bloomの分類によると、学習と従業員エンゲージメントの両方を向上させるために設計された選択を行う方法について、学術的観点からいくつかの方向性が提示されています。 Bloomの分類を使用した、提供する研修種別の決定…
2021年April月2日
リーダーシップリモート学習幼稚園から高校まで

バーチャル教室の未来:すべての生徒に対するテクノロジーへのアクセスの確保

2020年3月、全米の生徒たちの間に突然ある共通点が生まれました。新型コロナウイルス感染症の急速な出現に国が対応する中で、気付けば誰もが、思いがけず自宅からリモートにオンライン環境で学習していたのです。しかし、共通点はそこだけでした。すべての生徒が自宅からの学習を余儀なくされたとはいえ、全員が同じ家庭生活や家庭環境にあったわけはありません。さらに、生徒の間において、テクノロジーへのアクセスは非常に不公平な状態でした。 そこで、バーチャルまたはハイブリッドという新しい学習環境にどのように適応し、生徒のテクノロジーへのアクセスを確保するためにどのような対応策をとっているかについて、現場から情報を集めたいと考えました。先日、Classの広報およびコミュニティ担当ディレクターであるKim Oppelt(博士)が、オンライン教育におけるテクノロジーへのアクセスについてパネルディスカッションを行いました。参加者は以下のとおりです。 Chicago Public Schoolsのディレクター兼EdTechリーダー、Martin McGuire氏(学区の生徒数は355,000人以上)。 Colorado Springs School District 11のチーフスタッフ、LeAnn Slama氏(生徒数は24,500人)。 Minneapolis Public…
2021年March月17日
リーダーシップリモート学習高等教育

ブレンディッドラーニングモデルは2021年以降の高等教育が目指すべき方向なのか?

ブレンディッドラーニングモデル(オンライン教育と対面教育を組み合わせるという考え方)は、さまざまな設定で検討や実験がなされていた概念から、今や広く受け入れられる概念へと、急速に変化しています。新型コロナウイルス感染症は当初、各地の学校を休校に追い込み、全学生を自宅からのリモート学習に切り替えさせるという事態を引き起こしました。そして、この秋、学校は開校したものの、一部は休校に戻ったため、各地で学校再開を実現するためにハイブリッドモデルが生まれたのです。    専門家によれば、コロナ禍以降も、このブレンディッドラーニングは継続される可能性が高いといいます。 ブレンディッドラーニングモデルへの急速な移行 Michael Huseby氏は、Barnes & Noble Education(BNED)のCEO兼会長です。「コロナ禍を受けて大学がオンライン学習へと急速に移行したことは、教育関係者や学生に、高等教育におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の役割を再考させることになりました」とHuseby氏は語ります。「ただし、オンライン学習への移行は、教育の継続性に対応するオンライン学習の価値を確かに強調したものの、学業成績と学生の満足度を高める対面授業の重要性は引き続き注目されています」。 Huseby氏は、BNEDが行った、コロナ禍によるメンタルヘルスや学習への影響に関する最近の調査を挙げ、89%の学生が、対面での社会的交流が大学での経験に不可欠な要素であると考えていると指摘しています。そのため、多くの教育機関がブレンディッドラーニングソリューションの提供にシフトしつつあるといいます。 Huseby氏によれば、ブレンディッドラーニングは、2021年の春以降に拡大することが予測されています。Huseby氏は、「平常の教育活動に戻る」ことが最終的な目標であることを認めながらも、ブレンディッドラーニングという選択肢も、将来の高等教育において役立つであろうと述べています。「2つの学期の間に、私たちはすでにかなりの道のりを歩んできました。この間に得た教訓に対応することで、大学はより適応力の高い、新しい高等教育の未来を築いていくのです」。 ブレンディッドラーニングモデル戦略:新たなスタンダード All Campusの入学・提携サービス担当EVPであるJames Wallace博士は、ブレンディッドラーニングモデルは今後、大学において標準的になるだろうと言います。「少なくとも、大学院レベルのプログラムでは主流になり、学生はいずれ、多忙な社会人のニーズに合わせて、学習方法を柔軟に選べることを期待するようになるでしょう」。 また、大学では現在、オンラインと対面という様式で学生を区分しているとWallace博士は言います。「こうした区分はいずれなくなり、学位プログラムを修了するためにオンラインコースと通学コースのどちらからも選択できるという、ハイブリッド方式に置き換わるでしょう」。…
2021年January月27日