Skip to main content
Category

学校への復帰

Classリモート学習企業ニュース学校への復帰

ClassはZoomに強化されたブレイクアウトルームを追加

ブレイクアウトルームは、オンライン教室に不可欠な要素ですが、講師と学習者がブレイクアウトを魅力的で生産的なものにするための適切なツールを持っている場合にのみ利用できます。本日、Classアプリ上で強化されたブレイクアウトルームがリリースされることを発表します。  この強化されたブレイクアウトルームでは、Classに登録されている講師が以下のような内容を実行できます。 すべてのブレイクアウトルームを一度にまとめて表示する。  ブレイクアウトルームでのアクティビティを同時にモニタリングする。  個々のブレイクアウトルームグループ間でチャットメッセージを送受信する。  特定のブレイクアウトルームでWebページ、動画、およびファイルを共有する。  個々の授業アクティビティや研修アクティビティを特定のブレイクアウトルームに立ち上げる。  実際の教室では、学生はグループに分かれて共同作業を行い、講師は休憩時間に学生と1対1で対話を実施します。講師は教室内を巡回し、グループディスカッションに飛び入り参加します。この環境をオンラインとZoomに導入するため、ブレイクアウトルームの機能を強化し、すぐに使用できるようにしています。グループでの共同作業とグループワークは、現在および将来のユーザーが重要視する、学習者のモチベーションの向上、アクティブラーニングの推進、重要な批判的思考、コミュニケーション、および意思決定スキルの開発に有効であることが示されてきました。 Classのアドバイザリーボードのメンバーであり、メリーランド州アレガニーカレッジの教育・学生担当上級副学長のKurt Hoffman博士は、「Classでこの機能がオンラインで提供されるのは、オンライン教室をすべてのハイブリッド学習環境およびオンライン学習環境でシームレスに動作させるための取り組みの自然な拡張です」と述べています。  まさに学校が再開される季節に合わせて、新しいブレイクアウトルームの機能を活用することで、講師はオンライン教室およびハイブリッド教室での共同作業を促進する最も効果的な方略の1つを実装できます。 この新しい機能は、バーチャルオフィス環境の普及に伴い、世界中の従業員とつながり、関係性を深めるための企業内研修プログラムにも不可欠なものです。ブレイクアウトルームの機能と特徴を強化することで、講師や従業員が対面環境と同じように効率的に仕事に取組み、協力する機会を最大化できます。  Classのアドバイザリーボードのメンバーで、BlueShorの創設者兼代表であり、McKinseyの元チーフラーニングオフィサーでもあるMarcia Nuffer氏は、「多くの企業が職場復帰のシナリオを描く中で、オンライン研修は非常に効率的かつ効果的であり、もう以前の状態には戻れないと多くの人が感じています。多くの人材開発プログラムでは、ワークフローと共同作業を強化するために、従業員を小さなグループに分けます。Classが新たに開発した、強化されたブレイクアウトルームは、オンライン研修と対面型研修のメリットを融合させ、従業員同士のつながりやコミュニティを推進することができます。これにより、社員のスキルを向上し、優秀な人材を維持できるようになります」と語っています。 Classが、この新機能を講師や学習者にお届けできることをとても嬉しく思います。より詳しくお知りになりたい方は、デモをお申し込みください。
2021年September月14日
ヒントとアドバイス学校への復帰幼稚園から高校まで

学生エンゲージメントを高める5つのオンライン指導ツール

幼稚園から高校までの教師が利用できるオンライン指導ツールは多岐にわたります。教科や学年を問わず、教師はこれらのオンライン指導ツールを活用して学生に多様性と価値を提供することで、簡単かつ低コストで学生エンゲージメントを高めることができます。ここでは、学生エンゲージメントを向上させる、授業に最適な5つのオンラインツールを紹介します。 1.ClassDojo  ClassDojoは、教師が学生のオンライン参加と行動管理のために愛用する教育ツールについて質問されたときに、よく名前の挙がるツールです。これは、教室でのコミュニケーションやコミュニティ構築のための無料ツールです。教師は学生にリアルタイムでフィードバックを送り、良い行動にはポイントを付与できます。また、Class Dojo経由で収集した情報は、保護者や管理者と簡単に共有でき、学生のパフォーマンスの把握に役立てることができます。 The Speaking PolymathのJessica Robinson氏は、オンライン指導ツールの一例としてClassDojoを使用することで、教師は、学生の良い行動に対してすぐに感謝の気持ちを伝えることができると述べています。たとえば、以下のような例があります。教師は学生に「よくやった、アレクサ!」といった通知をリアルタイムで送ることができます。記録は保存され、保護者面談の際に保護者と共有できます。   ClassDojoを最大限に活用するために、彼女は以下のことを推奨しています。 こまめにポイントを付与する。そうすることで、学生のモチベーションを維持し、授業で継続的に良いパフォーマンスを上げる刺激になります。 ポイントの上限を設定する。Robinson氏は、「これは重要なポイントです。教師が一定時間ごとに学生のポイントをリセットしないと、学生間のポイント差が大きくなりすぎる可能性があります」と説明します。これによって一部の学生がモチベーションを低下させる可能性がある、と言います。 教師は、バーチャル教室環境において、学生にタイムリーで効果的なフィードバックを行うことが課題になっている場合があります。このような状況で、ClassDojoが役立ちます。 2.Kahoot Kahootも学生のエンゲージメントを高めるオンライン指導ツールとして愛用されています。Kahootを使用すると、教師は学生向けにゲームやアンケートを作成し、学生の注目を集めるだけでなく、オンライン学習環境における授業の締めくくりとして効果的な方法を提供できます。また、学生同士でスコアを競わせるなど、競争的な要素を取り入れることもできます。 Robinsonは、Kahootを最も効果的に使用するために、以下の方法を提案しています。…
2021年September月2日
ヒントとアドバイス学校への復帰高等教育

2021年の6種類のブレンディッドラーニングモデル

vpnAlertの編集長、Bram Jansen氏は次のように語ります。「ブレンディッドラーニングモデルの大きなメリットの1つは、教師や研修担当者がより短時間でより多くの人にアプローチできることです。従来のアプローチと異なり、ブレンディッドラーニングでは常に先生が存在する必要がありません。従来の教室は、一度に一定の人数しか収容できません」。あらゆる教育場面でソーシャルディスタンスと安全な空間が必須であったパンデミック時に問題となりました。 ソーシャルディスタンスが生じた早い時期から、教師、管理者、学生、および保護者は、さまざまなタイプのブレンディッドラーニングモデルが教育の提供を促進し、改善までも可能にすることを学びました。   Achieve3000指導者支援担当ディレクターのJulie Morrow氏は、「ブレンディッドラーニングのさまざまなモデルを利用することは、すべての子どもの固有および個別のニーズを満たすために重要です。ブレンディッドラーニングが適切に実施されることで、教師は、子供たちが時間、ペース、場所、および進路をコントロールすることで、自分自身の学習の進捗状況に主体性を育む学習環境を促進できます」と述べています。 これまで、リモート学習が非同期環境で実施されることが多かったのは、同期的なやり取りを実現するテクノロジーが存在しないことや、性能が低かったり使い勝手が悪いことが主な理由でした。現在では、もちろんそのような状況ではありません。現在、教師と学生は、あらゆるレベルや環境において、幼稚園から高校までのブレンディッドラーニング教室、大学でのブレンディッドラーニング科目、さまざまな種類のオンライン学習など、個々のニーズに合わせた幅広いブレンディッドラーニングモデルを活用できます。 2021年のブレンディッドラーニングモデル 1.より少人数の学生用のサイズの小さい教室と大型スクリーン Mark Knox氏はSharp NEC Display Solutionsの業種別ソリューション営業コンサルタントです。彼は最近、オンライン教育テクノロジー会議で、パンデミック中に進化しているいくつかのブレンディッドラーニングモデルについて講演を行いました。彼は、これらのモデルをK-12(幼稚園から高校)、高等教育、企業教育環境まで、あらゆるレベルの学習で導入し、最適化させることができると述べています。 少人数のクラスでは、大型スクリーンを備えた小さな教室を効果的に利用することで、ソーシャルディスタンスを取りつつ、情報や学習ツールへ容易にアクセスできます。Knox氏は、「このシナリオでは、より小さな空間内でソーシャルディスタンスを実現できます。このような環境では、学生が画質の問題なく画面上の資料がはっきりと見えるようにすることが重要です」と述べます。   2.学生のソーシャルディスタンスシング実現する、より大きな教室と大型スクリーン…
2021年August月10日
リモート学習学校への復帰幼稚園から高校まで

2021年以降のK-12(幼稚園から高校まで)のオンライン学習の在り方

「~の未来は、」というフレーズは、組織や専門家がパンデミックの間に学んだことや、こうした学習が将来の活動を促進する方法について考える場合によく使われます。 教育も例外ではありません。幼稚園から高校に至るオンライン学習がパンデミック期間に主流になると、管理者、講師、学生、保護者、その他全員がオンライン学習の将来について考え始めました。2021年の幼稚園から高校までのバーチャル学習はどうなるのでしょうか。この秋の授業再開時には、どのような様子になっているのでしょうか。 ワクチン接種と新型コロナウイルス感染者の減少により、2021年度には教室での対面式学習がより推進される可能性がありますが、何らかの形でバーチャル学習やオンライン学習が引き続き実施されると考えられます。この問題や、幼稚園から高校までのオンライン学習の将来像について、講師、管理者、および教育専門家の見解を伺いました。 幼稚園から高校までのバーチャル学習のベストプラクティス Margaret Choi氏は、8歳から18歳までの生徒を対象に、パンデミック発生の5年以上前からオンラインのみで指導してきたCodeWizardsHQの教師です。Choi氏は、「オンライン学習はまだ緊急事態モードにあります」と言います。彼女は、対面式で教えることと、オンラインでの指導は同じことではないため、簡単に切り替えられるものではないと言います。また、「小売業者が顧客にアプローチするための方法を再考し、再構築しなければならなかったのと同じように、教師はデジタル環境で学生との双方向のやり取りを試みる上での戦略を練り直す必要があります」と述べています。秋以降に向けて、Choi氏は以下の内容を推奨しています。  クラス規模の再構成 カリキュラムの再設計 人材能力開発の再検討 オンライン学習ツールの再構築 教室外学習(BCL)の提供 Lee Wilson氏は、オンライン教室プラットフォームであるVEDAMOのコンサルタントであり、Ed-Tech業界の専門家です。Wilson氏は、「現在、多くの学校で、従来の教室からデジタル教室への切り替えがうまくいくだろうと考えられています。学校職員のエコシステムのすべてのレベルにおいて、従業員は必要なときにリモートでの指導を続けるための技術的な研修を受講して経験を積んでおり、ほとんどの学生はリモート接続に必要な機器を所有しています。学校は緊急対応モードをすでに終了し、パンデミック時に学んだことに基づいて、幼稚園から高校に至るバーチャル学習を考慮したアプローチの作成を始めています。 秋を前に、教育関係者は過去数学期で学んだことを活用し、教室とバーチャル教室の両方にベストプラクティスを適用する機会があると予想しています。もはや、「オンライン学習とは何か」を問う必要はありません。オンライン授業は一般的になり、専門家は2022年以降も存続する可能性が高いと考えています。 K-12(幼稚園から高校)におけるオンライン学習と人材育成の未来…
2021年July月22日