Skip to main content
Category

幼稚園から高校まで

ヒントとアドバイス企業企業ニュース幼稚園から高校まで高等教育

Classホワイトボードの導入 – アクティブラーニングと共同作業の促進

Classホワイトボードが利用できるようになったことをお知らせします。Class学習プラットフォームに追加されたこの最新機能は、教育や企業研修の現場において、効果的な指導、アクティブラーニング、および持続的な共同作業を実現するための新たな機会を生み出します。 学習用に設計されたClassホワイトボードは、初等中等教育、高等教育、および企業の学習および開発における専門家の意見とフィードバックを踏まえ、強化されたブレイクアウトルームなどのClassの他の機能とシームレスに接続して、指導や共同作業の可能性を広げます。 他の参加者とリアルタイムで共同作業 講師のための新しい可能性 仮想ホワイトボードは扱いにくい場合が多く、参加者とのコミュニケーションだけでなく、共同作業や創造性を高めることも困難です。Classホワイトボードでは、講師は次のことができるようになりました。 Classセッションの前にコンテンツを準備し、同じホワイトボードを複数のセッションで簡単に使用できる複数のホワイトボードを作成、保存、および再利用 ホワイトボードにページを追加することによる資料の整理、またはブレイクアウトルームに割り当て可能な共同作業アクティビティの作成 編集権限を簡単に付与して、参加者がリアルタイムでアイデアを出し、理解を共有 数学記号と科学記号を使用して学習アクティビティに方程式と数式を簡単に追加 ホワイトボードに画像を追加し、より良いコンテンツを配信し、参加者や学生向けの対話型演習を実現 共有ホワイトボードで参加者を集め、集中力を高めて議論を活性化 対話型のアクティビティによる学習者の積極的な参加を促進 アクティブラーニングと共同作業のサポート 現実の教室でのホワイトボードアクティビティは、アクティブラーニング、積極的な参加、共同作業、創造性、および楽しさを促進する素晴らしい手法です。Classホワイトボードを使用することで、ディスカッションや共同作業を喚起するアクティビティを計画し、アクティブラーニングや深い知識の習得を促進できます。  以下は、その一例です。…
2022年April月13日
ハウツーリモート学習幼稚園から高校まで

Zoomを活用した授業:教訓教訓を得られた1年

2020 年初頭から、Zoomを活用した授業は、どの学年・教科の教員にとっても当たり前のものになりました。コロナ禍の中で、教員、学生ともに、オンライン授業にもハイブリッド授業にも慣れたことから、このトレンドはすぐには終わらないでしょう。コロナ禍以前であれば、多くの教員がオンライン授業を敬遠したでしょうが、Zoomのようなオンライン教育プラットフォームが利用可能になったことで、そうした心理は急速に変わりつつあります。 オンライン学習:多くの学校で期待以上の成果を達成 『International Journal of Educational Technology in Higher Education』に掲載された研究論文では、世界中の学校や大学に影響を与えている、学習の「ニューノーマル」への移行について検討し、次の点を示しています。「ユネスコによると、2020年4月10日の時点で、188か国以上が全国の学校や大学で学級閉鎖や休校を実施し、世界の学生人口の91%以上に影響を及ぼしている」。ユネスコは、世界で約12億人の児童生徒がコロナ禍において学級閉鎖や休校の影響を受け、オンライン学習への急な移行を余儀なくされていることを示唆しています。 こうした変化を、誰もが歓迎したわけではありません。同論文では、EDUCAUSEが2017年に行った、米国131校の教員11,141人の回答をもとにした調査の結果を紹介していますが、オンライン授業で教えたいと回答した人はわずか9%だったとしています。つまり、「なんと91%の教員が、完全なオンライン環境で教えたいとは考えていない」と回答しているということです。残念ながら、この数か月間、多くの教員がオンライン環境で教えざるを得ませんでした。 それでも良かった点は、オンライン授業は、大抵の教員が心配していたほど悪いものではなかったということです。実際、Zoomを活用した授業では、Classのような教育特化型ツールで強化することで、多くの教員がバーチャル教室での授業に生徒や学生を引き込むことができています。 ニューノーマルを超えて:Zoomがもたらす効果 Khe…
2021年November月18日
ヒントとアドバイス学校への復帰幼稚園から高校まで

学生エンゲージメントを高める5つのオンライン指導ツール

幼稚園から高校までの教師が利用できるオンライン指導ツールは多岐にわたります。教科や学年を問わず、教師はこれらのオンライン指導ツールを活用して学生に多様性と価値を提供することで、簡単かつ低コストで学生エンゲージメントを高めることができます。ここでは、学生エンゲージメントを向上させる、授業に最適な5つのオンラインツールを紹介します。 1.ClassDojo  ClassDojoは、教師が学生のオンライン参加と行動管理のために愛用する教育ツールについて質問されたときに、よく名前の挙がるツールです。これは、教室でのコミュニケーションやコミュニティ構築のための無料ツールです。教師は学生にリアルタイムでフィードバックを送り、良い行動にはポイントを付与できます。また、Class Dojo経由で収集した情報は、保護者や管理者と簡単に共有でき、学生のパフォーマンスの把握に役立てることができます。 The Speaking PolymathのJessica Robinson氏は、オンライン指導ツールの一例としてClassDojoを使用することで、教師は、学生の良い行動に対してすぐに感謝の気持ちを伝えることができると述べています。たとえば、以下のような例があります。教師は学生に「よくやった、アレクサ!」といった通知をリアルタイムで送ることができます。記録は保存され、保護者面談の際に保護者と共有できます。   ClassDojoを最大限に活用するために、彼女は以下のことを推奨しています。 こまめにポイントを付与する。そうすることで、学生のモチベーションを維持し、授業で継続的に良いパフォーマンスを上げる刺激になります。 ポイントの上限を設定する。Robinson氏は、「これは重要なポイントです。教師が一定時間ごとに学生のポイントをリセットしないと、学生間のポイント差が大きくなりすぎる可能性があります」と説明します。これによって一部の学生がモチベーションを低下させる可能性がある、と言います。 教師は、バーチャル教室環境において、学生にタイムリーで効果的なフィードバックを行うことが課題になっている場合があります。このような状況で、ClassDojoが役立ちます。 2.Kahoot Kahootも学生のエンゲージメントを高めるオンライン指導ツールとして愛用されています。Kahootを使用すると、教師は学生向けにゲームやアンケートを作成し、学生の注目を集めるだけでなく、オンライン学習環境における授業の締めくくりとして効果的な方法を提供できます。また、学生同士でスコアを競わせるなど、競争的な要素を取り入れることもできます。 Robinsonは、Kahootを最も効果的に使用するために、以下の方法を提案しています。…
2021年September月2日
リモート学習学校への復帰幼稚園から高校まで

2021年以降のK-12(幼稚園から高校まで)のオンライン学習の在り方

「~の未来は、」というフレーズは、組織や専門家がパンデミックの間に学んだことや、こうした学習が将来の活動を促進する方法について考える場合によく使われます。 教育も例外ではありません。幼稚園から高校に至るオンライン学習がパンデミック期間に主流になると、管理者、講師、学生、保護者、その他全員がオンライン学習の将来について考え始めました。2021年の幼稚園から高校までのバーチャル学習はどうなるのでしょうか。この秋の授業再開時には、どのような様子になっているのでしょうか。 ワクチン接種と新型コロナウイルス感染者の減少により、2021年度には教室での対面式学習がより推進される可能性がありますが、何らかの形でバーチャル学習やオンライン学習が引き続き実施されると考えられます。この問題や、幼稚園から高校までのオンライン学習の将来像について、講師、管理者、および教育専門家の見解を伺いました。 幼稚園から高校までのバーチャル学習のベストプラクティス Margaret Choi氏は、8歳から18歳までの生徒を対象に、パンデミック発生の5年以上前からオンラインのみで指導してきたCodeWizardsHQの教師です。Choi氏は、「オンライン学習はまだ緊急事態モードにあります」と言います。彼女は、対面式で教えることと、オンラインでの指導は同じことではないため、簡単に切り替えられるものではないと言います。また、「小売業者が顧客にアプローチするための方法を再考し、再構築しなければならなかったのと同じように、教師はデジタル環境で学生との双方向のやり取りを試みる上での戦略を練り直す必要があります」と述べています。秋以降に向けて、Choi氏は以下の内容を推奨しています。  クラス規模の再構成 カリキュラムの再設計 人材能力開発の再検討 オンライン学習ツールの再構築 教室外学習(BCL)の提供 Lee Wilson氏は、オンライン教室プラットフォームであるVEDAMOのコンサルタントであり、Ed-Tech業界の専門家です。Wilson氏は、「現在、多くの学校で、従来の教室からデジタル教室への切り替えがうまくいくだろうと考えられています。学校職員のエコシステムのすべてのレベルにおいて、従業員は必要なときにリモートでの指導を続けるための技術的な研修を受講して経験を積んでおり、ほとんどの学生はリモート接続に必要な機器を所有しています。学校は緊急対応モードをすでに終了し、パンデミック時に学んだことに基づいて、幼稚園から高校に至るバーチャル学習を考慮したアプローチの作成を始めています。 秋を前に、教育関係者は過去数学期で学んだことを活用し、教室とバーチャル教室の両方にベストプラクティスを適用する機会があると予想しています。もはや、「オンライン学習とは何か」を問う必要はありません。オンライン授業は一般的になり、専門家は2022年以降も存続する可能性が高いと考えています。 K-12(幼稚園から高校)におけるオンライン学習と人材育成の未来…
2021年July月22日
リーダーシップリモート学習幼稚園から高校まで

バーチャル教室の未来:すべての生徒に対するテクノロジーへのアクセスの確保

2020年3月、全米の生徒たちの間に突然ある共通点が生まれました。新型コロナウイルス感染症の急速な出現に国が対応する中で、気付けば誰もが、思いがけず自宅からリモートにオンライン環境で学習していたのです。しかし、共通点はそこだけでした。すべての生徒が自宅からの学習を余儀なくされたとはいえ、全員が同じ家庭生活や家庭環境にあったわけはありません。さらに、生徒の間において、テクノロジーへのアクセスは非常に不公平な状態でした。 そこで、バーチャルまたはハイブリッドという新しい学習環境にどのように適応し、生徒のテクノロジーへのアクセスを確保するためにどのような対応策をとっているかについて、現場から情報を集めたいと考えました。先日、Classの広報およびコミュニティ担当ディレクターであるKim Oppelt(博士)が、オンライン教育におけるテクノロジーへのアクセスについてパネルディスカッションを行いました。参加者は以下のとおりです。 Chicago Public Schoolsのディレクター兼EdTechリーダー、Martin McGuire氏(学区の生徒数は355,000人以上)。 Colorado Springs School District 11のチーフスタッフ、LeAnn Slama氏(生徒数は24,500人)。 Minneapolis Public…
2021年March月17日